So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

今年のみ言葉 [その他いろいろ]

今年は、クリスマスがあっという間に来てあっという間に過ぎて行った。年末の今も、明日が大晦日だなんて信じられない。

実感もなし、備えもなし(笑)ひたすらばたばたばたばた。

でも、心は「待つ!」と「静かに!」を繰り返している。

多分ばたばたばたばたじゃなくて、淡々と次々に…かな。

京都4.JPG
この一年、様々な失敗もあったし、辛い思いをしたこともあった。自分ではどうしようもなくもどかしい思いもあった。また、自分の力や知恵の限界に直面して落胆したり、申し訳なく思ったりもした。
でも、そんな中で心に決めたことがある。
一つひとつの出来事に対して心に思い巡らす場所を持つこと。
待つことを恐れないこと。(勇気を持って待つこと)
起こって来る様々なことに対して、深呼吸をして考えること。そうすると、一番良いこととは人の考えの中にはないことを教えられる。
空を見上げること。(大好き)
山を見上げること。(大好き)
心を大きく開いてみことばを味わうこと。すぐに解釈しないこと。結局のところ、み言葉は人の言葉や考えには収まらないということ。
新幹線から夕焼け2.JPG                                               
一日の労苦は一日で充分。
明日のことは、明日が心配する。
今年のイヴに与えられたみ言葉は
「神はあなたがたに、あらゆる恵みをあふれるばかりに与えることがおできになります。あなたがたが、いつもすべてのことに満ち足りて、すべての良いわざにあふれるようになるためです。」
第二コリント9章8節
でした。
[黒ハート]Amen[黒ハート]

nice!(0)  コメント(0) 

クリスマスが始まった [その他いろいろ]

クリスマスおめでとうございます。

雪の中のツリー.jpg
                                                                                                                                                                                                                                                                      
2017エビスタ2.JPG
阪神西宮駅コンコースのコンサートも無事に終わりました。
                                                                         
教会のイヴの集いも祝福のうちに終えることが出来ました
でも、クリスマスは終わったのではありません。
始まったのです! 
2017イヴ1.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

ぶどうの実り [想い出いろいろ]

クリスマスの準備が続いている。

細々したことが目白押しだけれど、一つひとつ心を込めて仕上げて行きたいと思う。そう、2017年のクリスマスは一度だけだから。


世間は24日のイヴが最大の盛り上がりみたいだけれど、本当のクリスマスは12月25日。12月25日は、クリスマスが始まる日。


北の国の小さな町の小さな教会のクリスマスを思い起こす。樅の葉の緑の香りと、色とりどりの硝子玉の輝き。木製の小さな粗末なろうそく立てに、ヒイラギをさして、小さなキャンドルの光が揺らめく。オーナメントは数少ないけれど、一年に一度クリスマスに会える懐かしいものばかり。窓にビニールを張り巡らしてもどこからか吹き込んでくる粉雪に凍えながら、小さな礼拝堂の中、家族でツリーを飾り付けてクリスマスを祝う。


何年経っても思い出は薄れることがない。



与えられた環境や状況を、良いこととして受け入れることは簡単なことではないけれど、感謝する時にすべては変わって行く。困難も苦しみも悲しみも、様々な問題も、貧しさも病いさえも。その中にあってもそれらに勝る平安と喜びがあることを知ってから。「それでも良い。」いや「それが最良のこと。」と知ることが出来たから。それがクリスマスの喜び。

豊かな溢れるばかりのぶどうの実りは、困難と痛みの汗と涙と忍耐の後に備えられ与えられるものだから。


                                                                        

IMG_0758.JPG
これは今年のうちの玄関

nice!(0)  コメント(0) 

美味しゅうございました。 [仕事の事]

先週大阪である集まりの委員会があった。

いつも難しさを感じる委員会だったけれど、今回はとても感謝な会議だった。ホテルでクリスマスを記念しての会食の時を持ちながら、将来についてのこと等を話すことが出来た。先の見えないもどかしさがいつもあったけれど、今回の会議で少しほっとすることが出来た。感謝。

ということで、その時のデザート。


大阪LLクリスマス委員会デザート.JPG
たいそう美味しゅうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

七年前の記事から

手.jpg


「生きていくとき涙を流すことがある。

 生活の苦しさ 孤独の寂しさ
 愛を失った空しさ 病いの痛み
 理解されない悩み 裏切られた悲しみ

 その時々に涙が あなたの目からひと雫 またひと雫
 溢れて頬を伝わって 
 あなたの手のひらに落ちることがある。

 でも、あなたは忘れてはいけない。
 明日が日曜日であることを。

 さあ、元気を出しなさい。

 神様にすべてをゆだねなさい。 

 明日は日曜日。


 日曜日ともなれば………」

友人からのはがきに書かれた「信仰偉人伝ヨハンナ・スピーリ」の一文。



本当にその通り。

私は、明日は日曜日、と思うと心の底から喜びと感謝が湧いてくる。

私の神様に礼拝を捧げることが出来る喜び。

私のようなものに礼拝を捧げることが許されている感謝。


明日は日曜日だ。

そう

日曜日ともなれば…

nice!(0)  コメント(0) 

ちょっと一息 [今日の事]

今日は、メンバーの方々にお渡しするクリスマスカードを作成。こういう単純作業は、頭の中でいろいろ考えを巡らしたりあれこれ想像したりできるので、好き。100枚出来上がり。


その後、隣りの教会に差し上げる栞を作成。こちらは160枚。


ついでに、うちの分も作成中。たぶん240枚中50枚は出来たかも。これは途中でものすごく眠くなる。すっごく眠くなる。本当に眠くなる。そういう時はちょっとだけ他のことをして目を覚ます。


その後、明日の聖書学び会のテキストを作る。一生懸命必死になってパソコンに向かう……ちょっと忘れてたから……一生懸命……大丈夫〜大丈夫〜。


その合間にしたこと。昼食をとる。ベランダの洗濯物を裏返す(寒くてなかなか乾かない)。父のお迎え。洗い物。4階のお義母さんがおリンゴを持ってきて下さる。訪問者(「聖書を学びませんか?」という方々)。ちょっと休憩としてのゆず蜂蜜作り。夕食の足りないものの買い物をメモ。メールを見る。メールに返信する。会議のアジェンダの確認。カレンダーに書き込み…と確認。いきなり!ペン立ての整理。書けないボールペンの芯を取り替える。取り替え式じゃないのを捨てる。さようなら。机の上の片付け。


途中本当のちょっと一息。

ちょっと休憩.JPG
このストーブ型のお香置きは、大好きな大好きな「美瑛の丘のおもちゃ屋さん」で見つけてとりこになってしまっていただいたもの。北海道で育った私にとっては、懐かしい故郷の、今はない、懐かしい家の小さなストーブ(昔はルンペンストーブ等と言った)そのもの。好きなコーン型のお香を入れて蓋をすると、煙突から煙がでると言うもの。
煙を見ながらぼーっとしていると、本当に幸せ。10分あまりの幸せに浸り、煙がでなくなったら現実に戻って仕事を続ける。
お供はほうじ茶(四杯は飲んだかな)と、いっちのキャンドル(減ったら困るのですぐ消す)。
こんな感じで一日の昼間の時間が過ぎて行く。

nice!(0)  コメント(0) 

みことばの栞 [仕事の事]

今年もこの季節が来た。

いヴの集いにお渡しするみことばの栞を作っている。


今年のみことば栞.JPG


今年は240枚。

新しい聖書を使いますよ〜。




nice!(0)  コメント(0) 

紅葉 [その他いろいろ]


奈良紅葉2.JPG

奇麗な紅葉は陽の光に輝いて、もうすぐに枯れて散ってしまうのに、そんなことはちっとも悲しまない。

だってそれは、次の季節を迎えるための大切な一歩。散ってしまう一枚の葉だって決して無駄にはならない。土を肥やし、寒い冬を越えるための温かさを与える。

奈良紅葉1.JPG

いのちはいつも輝いているんだね。

奈良紅葉3.JPG


nice!(1)  コメント(0) 

冬です [想い出いろいろ]

季節は変わり年月は過ぎる。

北国では今年の雪が早かったと、ニュースで知った。

なるほど。



私が北海道を離れて内地に引っ越しをしたのは、今からもう44年前(うわー!びっくり!)の11月3日だった。

その日その年初めての雪が降った。

毎年必ずやって来るその初雪は、いつもの年とは違って、私たち家族にとって、住み慣れた北海道を離れる悲しみや寂しさや、不安や少しの期待をとても深いものにした。

サロマ湖月.JPG

両親にとっては、志半ばで全てを置いて行かざるを得ない、断ることなどできない苦しい転任だった。私たち四姉妹は、何も知らずわからず、なぜこんな季節に引っ越しをするのかも理解できずに旅の支度をし、フェリーに乗って北海道を離れる珍しさに心を奪われていた。


あれから44年。

それでもやはり私にとって、北海道は故郷であり慕わしい土地であり、いつでも帰りたいと思っていた所であった。もう、友人もなく知った人も少なくなり、様子もすっかり変わってしまったその小さな町を、どうしてこんなに胸が痛く苦しくなるほど懐かしく想うのだろう。

何度も何度も繰り返して言う。

故郷を慕わしいものとして思い返すことが出来る私は幸せなのだろう。帰ることが出来なくても、待つ人もなく、たとえ帰ってもかつての姿はなかったとしても……。



知床9.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

秋の夕焼け [家族の事]

一週間が過ぎて行く。毎日、父の介護をしながら過ごしている。決まったことを決まったように、手順を踏んで進めて行く。父が几帳面で、きちんとするのが好きだから。

でも、すべてのことは思い通りには行かないもの。体調やアクシデント。様々なことによって予定は変わり、手順は乱れる。デイサービスのお迎えの時間が迫っていても急げば父の心も穏やかではなくなる。

手順の通り行っても良し、いかなくても何とかなるものだ。上手くスムーズにいくことばかりが良いことではないのだと、この年にしてようやくわかって来た。

待つこと(無駄な時間と思える時を過ごすこと)

手を出さないところ(手順良くいかなくても意味を見いだすこと)

手伝わせてもらうところ(助けるのではなく共同作業)

介護者は私一人ではないと知ること(母の思いを知ること)


父の介護の生活が始まって、諦めなくてはならないこと等も増えて来たけれど、多分それはしてもしなくても良いこと、あるいはあってもなくても良いことなのだろう。


冬が来る。

寒い北海道で、秋に入ると両親と一緒に家族みんなで冬支度をした。窓にビニールを張り、それぞれの部屋のストーブの煙突を掃除し、裏の小屋にはストーブの燃料の糠を積み、薪を割り、薪を切り、薪を積む。手伝いにしか過ぎなかったけれど、長く長く続く冬のために、そうしてゆっくりと心を注いで準備をし、やがて音もなく訪れる冬を迎える。

冬は理不尽な寒さと大雪とともにやってくる。もうそれは、避けることも逃げることも出来ないのだ。


多分老いるということもそうなのかもしれない。

夜寝る前に静かに祈る父のそばに座りながら、やがて訪れる自らの老いを思わされた。



西の空の十字架2.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

結婚記念日でした。 [家族の事]

11月3日は、私たちの結婚記念日。31年目。


昨年に引き続き新婚旅行先の六甲山に登った。

あまりに人が多いので、有馬へ・・・。

有馬の川.JPG
赤い蔦.JPG

行き当たりばったり感が拭えないけれど、とりあえず…。

でも、三連休の初日、秋の良い晴れの日。人も車も多いはずだよ。

行くところ行くところ人の山と車の渋滞。

仕方がないので、次は六甲山牧場へ。

懐かしい〜〜〜!子どもたちと良く来た。


六甲山牧場1.JPG


それでも、楽しく過ごした。


六甲山2.JPG
六甲山3.JPG


30年前、生まれたばかりのいっちを連れて、六甲山と有馬に行った。その時に、素敵なカフェを見つけて三人で入った。

今もあるかどうか、道を歩きながら「これじゃない?」と入ったら、ビンゴだった。カフェのママに聞いてみると、そこは36年前に出来たそう。中は確かに36年の年月を感じさせるけれど、コーヒーも景色も最高でした。何より懐かしい。いつかいっちを連れて来てみたいと思った。


30年前のカフェ.JPG


一旦父の排便の介助のため家に帰り、改めて夕食に出掛けた。

こういうところ、年月を感じるね。


ただただ多くの方々の支えととりなしと助けを覚える。

また、すべては神様の恵みとあわれみ。

感謝です。


nice!(0)  コメント(0) 

作品でっす(笑) [今日の事]

今日は月一回のご高齢の方々の交わり会「おさんぽの会」だった。

急に寒くなったせいか体調を崩した方もあり、出席者は多くはなかったけれど、相変わらず毎回あちこちで大爆笑の渦。


今日は、クリスマスの愛餐会の時に「おさんぽの会」で発表する紙芝居の塗り絵をした。絵や文字は苦手の方もあるけれど、反対にとっても好きな方もあり、まあ時々苦手なことをするのも良いかなと思って、毎年の恒例になっている。


今回は、二人一組になって一枚の絵を仕上げるシステム。これなら、完成しなくても良いから、お話に花が咲いても良いし、楽しく過ごせるかな?と思って…。

 

それぞれ自己紹介をして(初参加の方がおられたので)お口の体操をして(北原白秋「五十音」を読む)二人で組んでもらって、10枚の絵の中から好きなものを選んでもらって書き始める…いや、塗り始める。


いやーーーーーーーーー

個性溢れる作品ばかり。

素晴らしい!


初めに「はみ出しても良いし、好きな色を塗って下さい。きちんとしなくても大丈夫、楽しんで塗って下さい。」とご案内。でも、もう人の話なんか聞いちゃいない。皆さんとても真面目で、きちんと塗らなくてはと思って初めはとても緊張気味。そのうち、お話が楽しく進み、あちこちでいい雰囲気だった。


お食事の時間になると、丸テーブルを囲んでスタッフの心づくしの御馳走が並び、あちこちで歓声が上がる。楽しかったーーー。いつも、食事の時に大笑いが起きる。一人で住んでおられる方もおられるので、一ヶ月に一回でも大人数でわいわいと食べる食事はやっぱりおいしいと言われる。

良かった。



作品でっす(笑)


まだ未完成。これから仕上げます。


10お散歩の会3.JPG
10お散歩の会2.JPG
’17・10お散歩の会1.JPG


nice!(1)  コメント(0) 

今出来ることは一つ [今日の事]

秋の大きな集まりを無事に終えて、少しぼーっとしてる……間もなく、その反省会やフォロー委員会や、報告をまとめたり等の後処理に苦心している。かつて安心しちゃってぼーっとして、次年度を迎える時に大苦戦したことがある。


まあ、何でも十分に反省し、次のために準備しておくことは大切なこと。

教訓を教訓として生かさなくちゃね。


それでも、この頃は「てーげーてーげー」になって来て、きちんとすることばかりが良いことではないのだと、ようやくにして悟るようになった。


少しの余裕があることが、次の時に自由な選択や工夫を生むってこともある。一人でしていることではなく、チームでしているということも大切にしなくてはならないこと。神様がして下さるという原理原則を損なわないこと。


あれもこれも同時進行が山盛りの中で「良くやってるよ」と独り言。

山盛り仕事の自転車操業状態は仕方ないとしても(だってねえ、それだけじゃなくて家事もあるし、家族の世話もあるし、突発的出来事もあるしねえ)「焦らず慌てず諦めず」が家訓の家に嫁いで来たのだから……嫁いで??死語??いやいや。だからね。だからよ。


身体は一つ、心を込めて今出来ることも一つ。

一つひとつ・・・だね。


天使.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

私は枝

IMG_0470.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

2017-09-30

IMG_0477.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

夏休み?? [その他いろいろ]

私の今年の夏はいつになく予定が詰まっていた。


 夫はさらに忙しく、やっておかなくてはならないことが山積みだった。いつも八月は教会の様々な集まりをお休みにしている(暑いのと、メンバーの皆さんも様々な夏の予定があり、また聖会や集まりもある)のだが、もはや何がなんだかわからないうちに夏はやって来て、そして過ぎて行った。


 身体もだが、精神的な慢性の疲れはそうやすやすとは癒されない。それでも、身体の疲れとは違って、疲れれば疲れるほど鈍くなって疲れているとは感じなくなってくる。麻痺して来るのかな。怖いなあ。


 朝起きて夫婦でお互いに「おはよう」と挨拶した後、毎日「大丈夫?」と聞き合う(笑)大丈夫なわけないんだけど「大丈夫」と答え合うのが習慣になる。


これはまずいというわけで、少し無理をして八月の末に休みを取った。

 

 最寄り駅から片道40分交通費1000円弱の近場の、外国人の方々仕様の安いお宿で三泊四日。


サクラテラスギャラリー1.JPG


 ところが、夫も私も宿題(!笑!)を終わらせていない。ということで、休みをとったはずなのに、休暇先でそれぞれ仕事をすることとなってしまった。やれやれ。


 でも、途中で夫のパソコンがストライキを起こして動かなくなり、私も親しい方の奥様の訃報があり、ご葬儀に出席することとなった。その奥様のご希望で、葬儀に出席されるにあたり喪服はご遠慮くださいとのことだった。それで、休暇先からそのまま出席することが出来た。


 ふさわしい言葉かどうかわからないけれど・・・素晴らしいご葬儀だった。感動で胸が熱くなり、悲しみ痛みとともに、その生と死に圧倒されて涙が止まらなかった。私もそのように生きたい。そのように死を迎えたい。そう強く思わされた。


サクラテラスギャラリー2.JPG
 九月に入り、うちの三人の子どもたちの誕生日があった。子どもと言ったってもう成人して何年経つ?ケーキやプレゼントでもないので、三人まとめて食事会で誕生会!ということで、みんな大好きなお馴染みのイタリアンレストランへ。五人で手を繋いで食前の感謝の祈りを捧げ、わいわいわいわいと(賑やか?うるさい?)楽しいときを持った。何でも分け合って食べると美味しい。
みんなの誕生日.JPG
 
こうして夏は過ぎて行くのだろう。

nice!(0)  コメント(0) 

こんなんです。 [その他いろいろ]

八月に入り、忙しかったり雨が降ったり、出掛けて長期留守にしたりでベランダのプランターに水やりをちゃんと出来ないままだ。

でも!!

ローズマリーもスイートバジルも元気。ゴーヤも元気だけれど、今年は余り収穫がない。花は咲くのになあ。まあ、日陰を作ってくれるので良しとしよう。

毎年、葉が枯れてこれは駄目だなと思うのに、春が来ると芽が出て葉が伸びて花が咲く不思議な鉢植えがある。白い花が咲く。嬉しいな。

白い花.JPG




IMG_0467.JPG
先週長野県の高遠に集まりがあって出掛けた。
キャンプ場のロッジに泊まった。
高遠ロッジ.JPG
久しぶりのキャンプ場で、涼しくて、夜になると虫の音が響いて過ごしやすかった。集まりはとても素晴らしかった。その後、杏の里、上田の教会を訪問させていただいた…というか、夫の訪問に付いて行った。
杏の里で、礼拝堂に思いがけず私の父が書いた書が架けてあって感動。引退し引っ越しして米沢から関西に来る前に書いたものらしい。
杏の里父の書.JPG
父は認知症が進んで、もう筆を持つことは出来ない。

nice!(0)  コメント(0) 

胸が痛い [家族の事]

愛されていると実感するのは、どんな時なんだろう。

私の母は、祖母にわがままを言っていた時に祖父に平手打ちをされて、愛されていることを実感したという。


「父さんは、みっちゃん(母)が可愛いんだなぁ。」


ふ〜〜ん。

私は・・・え〜〜と・・・う〜〜ん。


IMG_0460.JPG
今年に入って、父の書斎を片付けていた時のこと。
認知症を発病し、それが色濃く出て来る頃に父が書いた「詩」が、聖書の中に挟まっているのを見つけた。
私が幼児だった時に、面白い芸をしてみんなを笑わせているという詩だ。そこには、父の私への愛が溢れている。最初の子を流産して、お医者さんにもう子どもは無理かもしれないと言われた後に生まれた長女の私を、本当に喜び愛する父の言葉が溢れていた。
それを書いたのが、若い頃の父ではなく、年老いて認知症が進んで行くことを恐れながら、なんとか文章を書こうとして頑張っている頃に書いた物であることが余計に嬉しい。
そして、限りなく胸が痛い・・・。

nice!(0)  コメント(0) 

美味しいね [家族の事]

父の筋力がとても落ちて来て、ベッドから起き上がることが難しくなって来ている。最も病気(レビー小体型認知症)のせいで波があり、割合にスムーズに起き上がる時もあって予想は出来ない。


どちらにしろ筋力が弱くなっていることは事実。自宅の玄関で靴を履いて、一階の駐車場までお迎えに来てくださるデイサービスの車に乗るのが大変であったりする。


そこで、居間の椅子から車椅子に移り、そのまま駐車場まで行くことにする。足も腰も痛むらしく、そのせいでもあるかもしれない。


今朝も、目が覚めてベッドの端に腰掛けるまではするのだが、立って居間に行くのは気が進まない様子。食事も「食べたくない、食べなくても良い。」薬も「飲まなくても良い。」着替えも何もかも「しなくても良い。」そういって横になろうとする。


いつもなら「心臓と喘息の発作が起きると困るから、薬を飲もう。」と促すと渋々でも起き上がるのだが、今日はそうはいかなかった。汗でパジャマが濡れていて、シーツも湿っているので、もう一度そこに寝るというのは避けたかったが、それでも心のどこかで「どうしても起きたくない。寝たいと言うなら仕方がないかなあ。」と思った。


そこでいつものテクニックで看護師さんのふりをした。

「さあ、ベッドを気持ち良く直しますね。ちょっと立っていただけますか?すみませんね〜。その間にシーツも取り替えて気持ちよ〜くして、それからまた寝ましょうか。大丈夫ですよ〜。」

すると、父は黙って立ち上がり(手すりや柱のお世話になりつつ)居間に向かってよろよろとあちこちにつかまりながらゆっくり歩き出した。


どこまでわかっているのかわからない。もしかしたら、全部わかっているのかもしれない。わかっていないかもしれない。それでも、どんな言葉や正統な理屈よりも、優しい感情や明るい表情や丁寧なスキンシップや、父を尊重する心配りや心遣いが父を動かすのは確かなのだ。


いつものように、私は父の乾布摩擦をし着替えさせ、母の用意したグリーンスムージーを飲んでもらい、ヨーグルトと甘酒と黒豆の煮たのを混ぜて食べ、朝食をとって薬を飲んでもらった。


介護していると、いろいろな言葉や身振りに振回されてしまうこともある。それでも、今日で終わりではなく、明日も明後日も、それから先も、ずっと続くことなのだ。いつかのその日を迎える時まで………。

いつも、愉快にたのしく過ごしてもらいたいと思っても、こちらの思うようには行かない。行かなくて当たり前なのだ。それでも良いのだ。


食事をしながら「美味しいね〜。」と言うと、父は改めて私の顔を眺めて「美味しいねー。」と言う。それで充分。


IMG_0463.JPG




nice!(0)  コメント(0) 

なのだ。

今週はメッセージにあたっているので、ずっとパソコンといっしょに過ごしているのだ。そういうわけで、ブログも頻繁にアップしているというわけなのだ。そうでなかったら、この頃は、パソコンの存在も忘れて過ごしてしまっている、のだ。


調べ物をするのも、連絡をするのも(mailだけど)すべて携帯で済んでしまうからなのだ。良いとは思わないけれどとっても便利なのだ。


おかげで、肩と首がばりばりに堅くなってしまったのだ。(パソコンに付きっきりのせいじゃなくて携帯をし過ぎで・・・)先日は、筋腫で子宮の全摘出手術をしてから久しくなかった酷い頭痛に悩まされて、メッセージ準備に使うべき貴重な一日をただ横になってうだうだと過ごしてしまったりしたのだ。しかも頭痛のせいで、飲んだばかりの水をマーライオンみたいに………なのだ。


昔はそんな一日を悔やんで、自己嫌悪に陥り、ただでも具合悪いのに、心も具合悪くなってもう底なし穴に落ち込むみたいに真っ暗でぐちゃぐちゃで仕舞いには涙まで出て来るのだ。でも今はちがう、のだ。


休む時はエンジン停止、なのだ。

頑張れる時に頑張るのだ。

頑張っていても、休んでいてもイエス様はいっしょなのだ。


IMG_0462.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

言葉。 [今日の事]

言葉を重ねても重ねても、虚しいだけの時がある。

なんだかかえってうさんくさくなったり。

一生懸命話しても、伝わらない時もある。

初めから心が閉じているんだね。


私たちの耳は心にあるんだね。


だから拙い言葉でもちゃんと聞こえる。

よくわかる。


お上手な言葉でも通り過ぎて行く。

わからない。


もうね。言葉なんかなくてもいいやって思う時もあるよ。



でもね、言わないとわからない時もあるんだよね。

言わなくてもわかってもらえるのはもう奇跡だね。

奇跡だけど、確かにあるね。


私たちの心ってすごい。



IMG_0461.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

心弱るとき [その他いろいろ]

心が弱っている時に

不思議に優しいお手紙が来たり

思いやってくださるお電話があったり

贈り物が届いたりする。


抗がん剤の治療が始まった友人に

いったい何ができるだろうと思い悩む

何を考えてもふさわしくない


そういう時こそ

みことばだなあと思う


みことばのカレンダーを作ってみた

今回はすべてイエス様のみことばから


IMG_0478.JPG



私たちの心が弱るとき

心が弱ることに嘆くことはない

心弱る時にしかわからない慰めがある

心弱るときだからこそ現される愛がある

心弱ることを知っていてくださる方がおられる


心が弱っても大丈夫

そんな時を過ごす辛さも苦しさも

ひととき一時が無駄ではないことを知っている


より豊かな深い心へと

導かれる時なのだ。


nice!(0)  コメント(0) 

夏が始まってるよ [想い出いろいろ]

毎日暑い。湿度も高くて気力も体力も低下する。


でも、夏はいろんなことが進んで行く。活動の季節。いろんなことをしてみよう。いろんなところに行ってみようと、気持ちだけは前向きにわくわくする。


北海道の夏は寒くて、長袖は欠かせないし、朝方や夜は寒い位の時があった。今は、気候も変わり、信じられないほど気温が高いとニュースで知る。


留辺蘂の家の前は、どこまでも田んぼだったから、夜通しかえるの合唱だった。遠くで夜汽車(今北海道はディーゼルだけど、私の子どもの頃はまだ蒸気機関車がほとんどだった)の汽笛が聞こえる。また、貨物車が長い長いガタゴトガタゴトという音を響かせて通って行った。夜だから余計に遠くまでその響きが聞こえる。それらの音が子守唄だった。


緑の丘.jpg



空は青く遠く高い。雲は大雪山からゆっくりと流れてくる。夕焼けは美しく、いつまでも夜は来なかった。窓辺で夕食のトウモロコシを食べながら、家族でいつまでも空を見ていた。


ほら、昔のことは美化されるけど、もう本当に遠い遠い昔のことだから良いのだ。きっと思い出を共有する人たちも同じことを言うに決まっているのだ(笑)


さあ、夏が始まる。

あれ?始まっている?


北海道空花畑.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

昔の話 [想い出いろいろ]

高校時代を過ごした家は、父が舎監を務めていた神学校の「本館」と呼ばれる戦前から立つ建物であった。一階に事務室と応接室と、神学生の作業場や物置等やトイレ(いや、昔ながらのボットンだからトイレじゃなくてお便所かな)や使えなくなった焚き付け式のお風呂場や、父の書斎があり、二階の8畳三間に家族6人で住んでいた。

もちろん台所もお風呂もないので、食事は神学生といっしょに食堂で頂く。朝は7時、昼は12時、夕食は5時だった。お風呂は、敷地内の浴場に行く。お風呂の日は決まっていて、たしか月曜と金曜だった。


エマオの道1.jpg
神学校の林の中の道


私が中学三年だった十月に引っ越しが決まったので、それまでは昼間は働き、夜間高校に行く予定で準備していたのだけれど、急遽普通高校に進めることになり、慌てて受験勉強をし直したことを思い出す。家賃や光熱費、食費の支払いがなくなったのだから、舎監として給与がいくら低くても、私が普通高校に行くことになっても家族6人なんとか生きて行けたのだろう。


中学も高校も電車で隣町まで通った。

私は年子の三人姉妹の長女で、その下に12離れた妹がおり、女ばかり四人の子どもたちはさぞかしかしましく賑やかだったろうと思う。


それでも、朝は5時から夜は9時まで、神学生とともに祈り会や作業に出て行く両親を見ながら、人の出入りの多い建物の二階に住んで、当時三歳の妹はもとより、私たち姉妹もそこはかとない不安や寂しさがなかったかというと嘘になる。


それは誰のせいでもない。

もちろん父や母のせいでは決してない。


あの頃の毎日心の中に往来する行き場のない思いや不安や寂しさを、青年時代の私は、それなりに大切に愛おしく受け入れていたと思う。


学院の林.jpg


土砂降りの日に、傘をささず、制服(高校はセーラー服だった)のままで歩いて帰ってくる。ようやく家に着き、スカートのひだが無くなってしぼるほど濡れた制服のままで玄関に入ると、神学生や事務の先生の驚きの声を聞きながら、私は爽快で愉快で楽しくて仕方なかった。


あの日々に勝る無邪気なやけっぱちを、私はその後一度も経験したことはない。

…経験しなくっても良いんだけどさ。



こんな梅雨の雨降りの日には、あの時の不思議な心持ちを懐かしく愛おしく、そして、少しの涙を持って思い出す。



本館下トイレ.jpg
思い出の本館下の野外便所

nice!(1)  コメント(0) 

静まること [家族の事]

父の薬が増えて、一錠半から二錠になった。

レビー小体型認知症の診断を受けて、二年半。

幸い幻視の大きな影響もなく、ただ更に筋肉の萎縮が見られる。


山歩きが好きで、山野草が好きで

写真を撮っては額にいれ

部屋中に飾り、またブログにアップしていた父が

歩くことに困難を覚え、足腰の痛みを訴え

家の中を歩くことさえ難しくなって行く。


先日車椅子での散歩の途中

公園に咲いていた可愛い山吹の花を一輪とって

父に渡すと「ああ、かわいいねえ。」と言って

家に持ち帰った。


数日前から、ベッドに起き上がって足を下ろし

座ったままで黙って静かにしている姿を見るようになった。


母が心配して

「お父さん、トイレなの?腰が痛いの?」

声をかける。


すると父は

「祈っているの。」

とか、またある時は

「神様に呼ばれたんだ。」

と答えるという。


今までになかったことだった。


昨日はお風呂に入ってもらう日で

その前に私が散歩に誘うと

「行かなくても良い。」と言って

立とうとしない。

無理強いしてもなあ・・・と思って

そのまま見ていると、

起き上がってベッドの端に座る。


トイレに行くのかと思っていたが一向に立ち上がろうとしない。

しばらく見ていたが、そのままの姿勢でいる。


私は、黙って父と並んで隣りに座った。


そうして、黙って父の隣りに静かに座っていると

なんだか胸が熱くなり

涙が静かに流れて止まらなくなった。


お父さん。


神様はなんて優しいのでしょう。

神様はどれほどお父さんを愛しておられるのでしょう。

この静まりの時に、満ちあふれている神様の愛と恵みに

言葉はいらない。


毎日父の介護をしながら

介護をしている私の方が

大きな慰めと癒しと、霊の介護を頂いている。


鳥取智頭1.JPG


年老いて、認知症になり

何もできなくなったと人は言うかもしれない。


でも、本当は

何もできなくなった時ほど

その人の価値が表れるのだろう。

その人の真実が現れるのだろう。


何もできなくなった時ほど

神様の愛が表れるのだろう。

神様の御恵み深さが現されるのだろう。


そう思ったよ。


鳥取智頭2.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

失敗すること [想い出いろいろ]

「ちゃんとしなさい。」「きちんとしなさい。」が

私の成長過程での鉄板のルールだったので

私はいつも不安で一杯で、失敗することをそれはそれは恐れていた。

少しおとなになってくると

学校でも生活でもきちんとできない自分にイライラし

きちんとできない他人にイライラしていた。

自分が失敗することを恐れ、他人が失敗することを許せず

全く鼻持ちならない人間だったと

顧みてつくづく情けなく、また可哀想な自分に

心が痛む。


さて、子どもを育ててみて思うこと。

小さな失敗をたくさん経験することの大切さを教え

失敗が失敗に終わらないで、成長に繋がる素晴らしさを示す。


失敗することを責めることなく

許して励まして、前に進むことを促すこと。


今になってもなお、人はそうして成長して行くのだと思う。


神様は、私が失敗しやすく間違えやすいことをよく知っておられる。

でも、そういう私であることに、神様は失望されない。

失敗を重ねても、間違ったことをしても

それを赦して励まして、前に進むことを導いてくださる。


今になってもなお、私はそうして成熟して行くのだと思う。


駄目な自分を受け入れることは

それでも愛してくださる神様を信じることなのだなあ。


失敗しても恐れないで前に進むことは

赦してあきらめない神様に信頼することなのだなあ。



北海道空花畑.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

同じ花だけど。 [その他いろいろ]

梅雨に入ったのに、今日もよい天気。


良い天気は嬉しいけれど、ベランダの野菜たちに毎朝水をやるのが大変ではある。大きな大きなジョーロに一杯水を入れて、何度も何度も運ぶ。水道から直接ホースで水やりができたら良いのになあ。でも、そうやって一生懸命水を運んでいると、大切なことをしているという気持ちになる。


それにしても、うちのベランダには花がない。

いや、ローズマリーやスイートバジルの花は咲くけど。

ああ、そういえば、ゴーヤの花も咲いたけど。

ん?ブロッコリーもつぼみがついたけど。


観賞用の花もあったら良いなあ。


nice!(1)  コメント(0) 

今日の静まり [今日の事]

神様が見ておられるように自分を見ることが、どんなに難しいことか。



自分で見ている自分は、まったく鼻持ちならない存在だ。


失敗ばかりで、何をやっても中途半端。

怠け者で、意地悪で、誘惑に弱く、意志も弱い。

知識はもっているが底が浅いから役には立たない。

不器用でその場しのぎの働きばかり。

許すこと愛することに乏しいので、うわべだけの自分の姿に悲しみがつのる。

考えなしに始めては、終わりまで続けることができない。

あ、それが中途半端と言うこと。

こうして年をとって行くのかと思うと、ひたすら回りの人々に申し訳ない限りだ。


そして、落ち込んだり、沈んだりすることさえ高慢や自信過剰から来ているのだと思えば、ありのままの自分を改めて見つめてはため息が出るばかり。


細々したことで日を重ね時を重ねて

やがて最後の時に私は何を思うんだろう。



IMG_0274.JPGJPG.JPG
神様の愛を知らなかったら、生きては行けない。

神様が私をどう見ていてくださっているのか

お声を聞くことはできないけれども

今お聞きすることはできないけれども

み言葉は生きていて力がある。


「しかし、主は

『わたしの恵みは、あなたに十分である。

 と言うのは、わたしの力は

 弱さのうちに完全に現れるからである。』

 と言われたのです。

 ですから、私は、

 キリストの力が私をおおうために

 むしろ大いに喜んで

 私の弱さを誇りましょう。」

 第二コリント12:9


nice!(0)  コメント(0) 
前の30件 | -